MENU

踵が痛いのは、痛風の初期症状

スポンサーリンク

痛風と聞くと、まず足の親指の付け根が痛むことを想像するでしょう。
実際、痛風を発症している7割近くの人が、足の親指の付け根関節に痛みを感じています。
しかし、初期症状として、踵が痛いと訴える人も少なくはありません。
溜まった尿酸が、踵やくるぶし付近に結晶を作る場合があるからです。
痛風は名前の通り、患部に風が当たるだけでも痛いといわれています。
風というのは中国では、身体を侵す病気の喩えに使われているので、そちらの方の意味合いが強いかもしれません。
いずれにしても、早く治したい病気です。
踵が痛いからといって、すべてが痛風の初期症状とは限りません。
踵への衝撃が持続することによってかかる、踵骨下骨液包炎や、踵の骨の石灰質が棘のようになって刺さる、踵骨棘などの場合もあります。
踵は身体の中でも、全身を支えるため最も酷使されがちな部位なのです。

スポンサーリンク

踵や、親指の付け根などに痛みを生じた場合は、速やかに病院で医師の診察を受けましょう。
初期段階では、年に数回程度の痛みですが、症状が進むと何度も痛みの発作が現れるからです。
糖尿病や、高脂血症など、合併症の検査も同時に受け、尿酸値の管理をすることが大切です。
痛風で、踵が痛いという症状が発症した場合は、病院での治療とともに、食事にも気を付けなければなりません。
尿酸はプリン体の多い食事をした時にその値が高くなります。
最近では、プリン体オフのお酒が売られるようになりました。
卵、牛乳などはプリン体含有量が、ゼロに近いと言われています。
肉類を食べるときは、焼くよりも茹でる方が、プリン体が溶け出すといわれます。
調理方法にも、気を配るとよいでしょう。
薬剤と食事療法、両方を用いて、徐々に尿酸値を下げてゆきましょう。
初期症状に、いち早く気づき、早めの対処で痛みのない生活を送りたいものです。

スポンサーリンク