MENU

踵骨骨端症にはテーピングが効果的

スポンサーリンク

踵骨骨端症は、踵骨すなわちかかとの骨にある骨端核と呼ばれる部分に起きる障害です。
発見者の名をとってシーバー病(セーバー病)と呼ばれることもあります。
小・中学生の時期に発症することが多く、女子より男子の方が発症しやすいという特徴を持っています。
成長期の骨には骨端軟骨と呼ばれる組織があり、骨端核は骨端軟骨の芯に当たる部分です。
この骨端核が伸びながら硬くなっていくことで新しい骨が形成され、身長が伸びたり手足が長くなったりします。
つまり成長期においてはまだ骨化しきっていない柔らかい部分があるわけで、その分刺激に対しても敏感です。
骨端核は当然踵骨にも存在しますが、このかかとの骨端核が運動時においてアキレス腱や筋膜などに強く引っ張られることによって、炎症を引き起こしてしまうことがあります。
これが踵骨骨端症です。

スポンサーリンク

そのため、踵骨骨端症はバスケットボールやサッカーなど、ジャンプやランニングを繰り返すスポーツをやっている子供に多く発生します。
この障害の主な症状は、かかとの後ろから裏側にかけての痛みです。
痛みの程度は日常生活に支障がない程度の軽いものからかかとをつけて歩くことができないほどの重度のものまでさまざまです。
また、継続的にスポーツをやっている時よりも始めたばかりの頃やしばらくブランクがあった後に再開した時に発症しやすいと言われています。
踵骨骨端症を発症した場合、まずなすべきことは患部を安静に保つことです。
激しい運動はしばらく休止し、就寝前には湿布を貼るなどして炎症を抑えます。
また、患部を固定するためにテーピングを行うのも有効です。
ただしテーピングは適切に使用しないと負荷を和らげる効果が得られないため、整形外科医などの診断を受けて正しい巻き方を指導してもらう必要があります。

スポンサーリンク