MENU

かかとの内側が痛い足つぼ

スポンサーリンク

足つぼは、血流改善で全身の血流を良くして体調不良の改善をする目的があります。
足つぼをしますと足裏全体やかかとの内側が痛い事もあります。
最初は、痛みがある場合にもほぐしていくうちに痛みは治まり柔らかくなってきます。
しかし、痛みを我慢する必要はないので痛いと施術者に告げると良いでしょう。
かかとには、体のつぼがありますので内側もかかと全体に平均的に揉みほぐしつぼ押しされた方が良いです。
痛みが気になるようでしたら施術者に問い合わせても良いですし、クリニックなどを受診される事も良いです。
無理に痛みを我慢したりつぼ押ししたりしない方が良いので相談して改善する事が良いです。
痛みが和らぎ足裏も柔らかくなってきましたら続けても良いでしょう。
足裏には、かかとに限らず全体につぼがありますので注意が必要です。
様子を見ながら足つぼをしましょう。

スポンサーリンク

足の裏には、体全体のつぼがあります。
足裏のつぼを押していると痛みを感じる事がありますが、ほぐしていくうちに痛みは緩和していきますし、硬くなっていた足裏も柔らかくなってきます。
しかし、痛みが続いたり、気分が悪くなった場合には中止して様子をみましょう。
足つぼは続けていくと効果がありますので体の調子が良くなった場合には継続して様子をみましょう。
体の調子が良くなりますと心のケアにもなりリラックスできますので足つぼは良い方法です。
足がむくんでいる人もむくみが取れたり、足が軽くなったりします。
自分でもかかとや内側を揉みほぐす事ができますので痛みがないように試してみる事も良いです。
毎日の継続が体や心をリラックスさせてくれます。
また、自分でつぼ押しされる場合には、アロマやクリームなどにも拘って工夫されて香りでもリラックスできます。

スポンサーリンク