MENU

かかとにピリピリという痛みが発生する原因について

スポンサーリンク

中年以降に多い症状や病気としてかかとがピリピリ痛みだすというものがあり、原因についてはあるスポーツが関係しています。
バレーボールやバスケットボールといった飛ぶ動作が多いスポーツを行うことで、足を中心に痛みが発生してしまいます。
こういったスポーツでは飛ぶことが多くなっているので、足にかかる負担が大きくなってしまいます。
それが積み重なることによって、足の裏を始めかかと周辺に痛みやピリピリが発生していきます。
こういったことが原因となるので、スポーツ選手に多く発症することが多くなっているのが特徴でもあります。
対処法としては出来るだけ足に負担をかけないことであり、適度に休憩を入れることで痛みを和らげることが出来ます。
ただそれでもひどい激痛が感じられる時には、足に何らかの異常が発生している可能性があるので病院での治療が必要となります。

スポンサーリンク

 かかとがピリピリと痛み出す原因としてバレーボールなどの足を使うスポーツが関係していますが、他にも発症しやすい要因があります。
長時間正座などで同じ体勢で座っていることでも、足のしびれやかかとがピリピリするといったことが発生します。
これは足に対して長時間負担をかけていたことによって、血行の流れが悪くなってしまったことが関係しています。
対処法についてですが、こういった場合で発生した時は足を少し伸ばすことで痛みが軽減されることが多いです。
また朝起きた時にも同様の症状が発症することがありますが、対策については同じで少し足を伸ばすことで緩和されていきます。
捻挫や打ち身とは異なる症状であるため、冷湿布については基本的に貼る必要がないのが特徴となります。
どうしても痛みが我慢できない場合においては、整形外科を受診することで具体的な症状を調べてもらうことが出来ます。

スポンサーリンク