MENU

朝起きた時からかかとが痛い症状の原因

スポンサーリンク

ぐっすり寝て起きた朝に、突然かかとが痛いという症状に悩む人は珍しくありません。
普段から身体を動かす習慣がありスポーツを楽しんでいる人や、立ち仕事が多いような人にはよく見られる症状です。
痛みの場所はかかとの上あたりや足の土踏まずが痛む場合もあれば、足の裏全体が痛むというような場合もあります。
朝の寝起きの1歩目から痛みが出るという場合には足底の筋膜の炎症が原因であることが多いです。
身体の重みが足底の筋膜に負荷を掛けることが原因で炎症が起こりやすくなってしまっていると考えられます。
基本的には炎症は自然治癒することが可能なものですが、痛みがある場合には意識して負荷を減らす努力をしたり、痛みがでない程度にストレッチをすることも大切です。
足首など他の部分も痛む、だんだんと痛みが強くなるような時にはすぐに病院へ行くことがおすすめですスポンサーリンク

かかとが痛い原因の多くは足底の筋膜が炎症を起こしている可能性が高いですが、同じような生活をしていても痛みの出る人と出ない人がいます。
症状の現れ方が人によって違う理由はさまざまですが、その1つは姿勢にあるとも言われています。
普段立っているときの重心の置き方や、歩いているときの歩き方でも足底の筋膜に掛かる負荷は大きく変わってきます。
また日常的にスポーツを楽しんでいる人の場合でも、そのスポーツを行う時のフォームや姿勢、ランニング等の走り方では違いが出てきます。
足底の筋膜の炎症は自然治癒が可能なものですが、痛みがでるという場合には何か原因があることが多いです。
痛みの症状が出た原因を自分で理解することはとても重要です。
完治した後にも痛みがまた再発してしまわないようにフォームや姿勢を改善する意識を持つことも重要になります。

スポンサーリンク