MENU

かかとの水ぶくれはどう処置するべきか

スポンサーリンク

靴擦れによる水ぶくれが主にできる場所としてはかかと・足の小指・甲の部分などが挙げられます。
これは靴のサイズが足に合っていなかったり、新しい靴で足が慣れていなかったりした場合に多いです。
靴が擦れることで細かい傷が足につき水ぶくれになってしまうのです。
この水ぶくれが特にできやすいのがかかと部分なのですが、適切な処置としては出来るだけ潰さない方がいいとされています。
不衛生な状況で無理やり潰すと傷口からばい菌が入る恐れがあるからです。
外出先などで靴擦れが出来てしまった場合は水ぶくれの上から絆創膏などを貼り、摩擦から保護して自然に破けないようにしましょう。
靴擦れが治るまでは足に慣れた靴を履くことが望ましいです。
かかとの靴擦れを繰り返してしまうという人は靴擦れ防止用のテープや足と靴の隙間を失くすインソールなどを使用してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

どうしても水ぶくれを潰したい場合は清潔な針を準備して穴を開け、中の水を抜きます。
それから余った皮をハサミなどで取り除いて処置し、消毒をした後でガーゼや絆創膏を靴擦れになった箇所に貼っておくといいでしょう。
強引に皮を剥がしたり、消毒を怠ったりすると傷口が化膿してしまったり、治っても痕が残る恐れもあるのでくれぐれも無理に潰すのは禁物です。
適切な処置を施し、足を労わってあげましょう。
新しい靴を履くと必ずといっていいほど靴擦れを起こしてしまうという悩みをお持ちの人はあらかじめ外出の前にかかとなどに絆創膏やテーピングを貼っておいたり、ワセリンなど滑りを良くする為のクリームを塗ってみる、スニーカーなどは靴下を二枚重ね履きしておくなどといった予防策を講じてみるのも手です。
これを靴が足に馴染んでくるまで続けます。

スポンサーリンク