MENU

靴擦れによる、かかとの腫れの対処法

スポンサーリンク

かかとや足の指に痛みを感じる。
見ると小さな傷になっている。
それは、小さくジワジワと痛みを感じさせる靴擦れ。
特に新しい靴を購入した時や、長時間ピンヒールを履いた時などに多く起こります。
靴擦れが起こる原因はそれだけではなく、基本的には靴のサイズが自身の足のサイズと合っていないことが問題となります。
サイズが合わないものを履くことにより、靴の端々に足が当たり、擦れて傷になるわけです。
それは、靴のサイズが小さすぎても、大きすぎても起こるものです。
靴擦れが起こったあとも同じように靴を履き続けると、傷が腫れてくることがあります。
これは、足が砂などに直接当たる場所なので、ばい菌が付きやすく、傷口より化膿してしまうためです。
このため、1度靴擦れが起きた靴をもう1度履く場合には、履き方を見直す必要があるといえます。

スポンサーリンク

靴を見直す第1歩は、サイズが合っているかの確認です。
つま先からかかとまで、隙間はどれくらいあるのかなどを見てみましょう。
指が少しはいるくらいの隙間があるとベストです。
もしも、交換が出来るのであれば、サイズを交換してもらいましょう。
できないのであれば、中敷をいれ、自分サイズに変えましょう。
次に、履いてみてどこが痛いか、どこに傷ができているかを確認しましょう。
特にかかとにできることが多いようです。
この場合、かかと部分につけるクッションがありますので、活用してみましょう。
もしも靴擦れができて、腫れてしまったら、なるべく傷が治るまで待ちましょう。
先ほどあげたように、ばい菌が入りやすい部位ですので、さらに悪化する危険があります。
どうしても履かなければならない時には、靴下やストッキングを履いたり、傷口にガーゼを厚くしてつけても良いでしょう。
靴を選ぶ時には、デザインも大切ですが、自分に合ったサイズかどうかを確認することは、もっと大切ですね。

スポンサーリンク