MENU

踵骨棘は何科の病院に行けばいいのか

スポンサーリンク

歩いている時や立ち上がる時に踵からチクっと痛みを感じたり、体重をかけた時に刺さるような痛みを感じる場合は踵骨棘という病気の可能性が高いです。
踵骨棘は踵の骨が棘の様に変形してしまい棘状の骨が神経にあたるため痛みを感じ、症状がひどい場合は踵を付けて歩くことができなくなったり、歩けなくなる事があるため早めに病院に行く必要があります。
病院では何科に行けばいいのか悩む方も多く、一般的には整形外科ですが大きな大学病院などの場合は専門の科がある事もあるため、受付などで症状を説明して何科に行けばいいのか相談すると症状に合った専門科を紹介してくれる場合があります。
すぐに医療機関に行けない方はなるべく患部に負担をかけない事が重要で、杖を使用して体重をかけない様にしたりヒールや踵の高い靴を履かない方が症状を悪化させません。

スポンサーリンク

病院では必ずレントゲンを撮ってもらう事が重要で、踵骨棘の場合はレントゲンに尖って変形した骨が必ず映り込むため病気が確定します。
変形した骨が大きい場合や、数が多い場合など歩行に明らかに障害が起こっている場合は手術という選択になりますが、踵は歩行の際に体重がかかる場所のため手術後通常に歩ける様になるには若い方でも長期間松葉杖などの介助が必要になります。
たまに痛みを感じるなどの症状が小さい場合は痛み止めなどの処方薬で様子を見る事が多く、自分でできる症状の緩和方法は靴に衝撃を緩和させる専用の中敷きを付けると症状を感じる事が少なくなります。
シューフィッターという靴の専門科がいる靴屋では、症状を説明すると自分の靴に中敷きを症状に合った様に設置してくれたり、正しい足のサイズに合った衝撃緩和や負担を少なくする靴を選んでくれる事があり効果が高いです。

スポンサーリンク