MENU

インソール等を使った治療を行なう踵骨骨端症について

スポンサーリンク

 踵骨骨端症とは名前からも分かるように、かかとの骨に発生する疾患の事を言います。
シーバー病と呼ばれる事もある疾患で、主に小学生くらいのスポーツをする子供に多く見られます。
  この疾患が発生する一番の理由としてはかかとの骨がまだ未発達である事があり、大人になって骨が完成すると発症の確率は低くなります。
レントゲン等を見ると分かりやすいのですが、子供のかかとの骨は一部が軟骨で出来ています。
大人になるとこの軟骨部分も硬い骨に変化していくのですが、小学生くらいの時はまだ柔らかい部分が残っています。
この柔らかな軟骨部分に対して、繰り返し運動等をする事によって何度も衝撃が加わると、踵骨に炎症が起きてしまうのです。
 また運動を頻繁に行う事でアキレス腱の張力も強くなり、二重の意味で踵骨の軟骨部分にストレスが溜まってしまう事になります。

スポンサーリンク

 踵骨骨端症の具体的な症状としては、運動をしたり日常的に歩行をしたりした時にかかとに走る痛みがあります。
ひどくなると運動どころか歩く事さえ困難になるため、日常生活に支障をきたす可能性も出てきます。
また痛み方の特徴の一つとして、普通の運動靴で運動をする時よりも、スパイクで運動した時の方が痛みが強くなります。
 治療方法についてはスポーツをしばらくの間は控えて、患部を安静にして過ごすのが一般的です。
かかとへの衝撃を減少させる事で、自然と症状が和らいでくるようになります。
ただ、いくら安静に過ごすと言っても、日常的な歩行を避けて通るのは難しいです。
そういった場合には、インソールを普段履く靴の中に装着して歩く事で、多少なりとも痛みを減少させる事が出来ます。
この時に用いるインソールは靴屋で販売している物ではなく、かかと部分の負担を減らす設計がされた専用の物が使われます。

スポンサーリンク