MENU

かかとが痛い場合の歩けない原因について

スポンサーリンク

かかとが痛い場合の歩けない原因を調べてみました。
まず、靴は合っていない場合、かかとを痛める原因となります。
特に女性が多く、仕事でヒールの靴などを履いた時に足に負担がかかり痛くなります。
自分の足に合ってない靴を履いた時にも、そのまま履き続けると炎症を起こしやすくなります。
歩き方が原因で、足に負担がかかっている場合もあります。
歩く際に、足の指が地面についていないと足に負担がかかります。
正しい歩き方を学び改善することで治ります。
足の筋肉に負担がかかってしまい歩けないほど痛くなることもあります。
体重増加や運動不足により、痛みを感じることがあります。
足の怪我や炎症から痛みがくることもあります。
かかと以外の部分で炎症が起こっていても、痛みを感じることがあります。
放置しておくと悪化するので、痛みが続く場合は病院を受診することをおすすめします。

スポンサーリンク

かかとに痛みを感じる病気は、足底筋膜症、踵骨骨折、踵骨骨端症、座骨神経痛などがあげられます。
足底筋膜症は足の裏にある足底筋膜に起こる炎症です。
立ち仕事やスポーツをしている人が発症しやすいと言われています。
踵骨骨折は、名前の通り踵骨という部分が骨折した症状です。
高いところから飛び降りたり、衝撃を受けたりした時に起こります。
かかとが痛い場合、すぐに病院に行かないと歩けなくなることもありますので注意が必要です。
踵骨骨端症は、骨に小さな骨折や炎症が起きている場合に起こる症状です。
子供に多く、続けてジャンプしたりした場合に起こりやすいと言われています。
座骨神経痛は、腰椎から足までを通っている座骨神経が強い刺激を受けたり、負担がかかることで起こる症状です。
歩けないほどの、しびれや痛みを感じる場合があります。
この場合は、病院を受診することをおすすめします。

スポンサーリンク