MENU

サッカーをする子ども が、かかとが痛いと訴えることが多い疾患

スポンサーリンク

スポーツを行うことは、現在の日本において、あらゆる年代で共通して行われることになっています。
スポーツを開始するのは、小学校の子どもが多いのですが、なかでもサッカーは人気があります。
子どもに人気が高くなったのは、日本でそれまでなかったプロリーグが、開催が決定してからです。
こうしたサッカー人気のなかで、かかとが痛いと訴える小学生が、増加する傾向にあります。
かかとが痛いと訴える小学生は、以前から野球などを行う小学生においても、存在していました。
しかし、サッカー人気が高まってから、とくに増加するようになったのです。
その背景となっているのが、このスポーツの走る量の多さです。
確かに、野球などにおいても、走ることは行います。
ところが、このスポーツにおいて走る量は、野球などと比較すると、格段に多くなるのです。

スポンサーリンク

このサッカーをする小学生に多発する、かかとの痛みの代表的なものが、踵骨骨端症になります。
踵骨骨端症は、シーバー病とも呼ばれていますが、原因となるのはアキレス腱の牽引力です。
かかとの骨である踵骨の後方には、アキレス腱が付着しています。
アキレス腱は、人体の数ある腱のなかでも大きな腱ですので、その牽引力はかなり大きいのです。
それに加えて、子どものアキレス腱が付着する部分の踵骨は、成長軟骨組織が残存しています。
成長軟骨組織と言うのは、普通の骨組織と比較すると、柔らかくて脆弱な組織です。
すなわち、脆弱な組織に強い牽引力が働くの、損傷を起こすのです。
これを予防するのには、運動量をコントロールすることが必要になります。
したがって、運動量を追い求めるのではなく、効率的なプログラムを組んで行うと、予防に繋がります。

スポンサーリンク