MENU

かかとのひび、骨折の症状と対策

スポンサーリンク

かかとにひびがはいる又は骨折したた際には、このような症状があらわれます。
度合いにより症状は様々ですが、一般的には、歩行が困難になる。
痛みを伴い、腫れや出血が見られる。
骨折の度合いでは、痛みが軽かったり、ひびがはいっていたとしても、見た目上では判断できない場合があります。
一番危険なのが、症状が軽度の場合であり、我慢できる痛みで歩行などをすると高いところから飛び降りたりなど、何かの拍子で強い衝撃がかかとに加わり、仮に少しひびがはいっていた状態であっても粉砕骨折など重度の骨折につながるケースもあります。
かかとは、外部からの力が特にかかりやすい部位であり、日常生活において意識していない場面で常に負荷がかかる部位ですので、少しでも違和感があると感じた場合は、すぐにかかりつけの医師などに相談することが必要です。

スポンサーリンク

かかとにひびがはいったり、骨折した祭の術後のケアを紹介します。
血流がいい部位ですのでケア次第では比較的、短時間に治すことができるのです。
まず術後は骨を固定している状態ですので、体重をかけたり、関節を動かすことは絶対にしてはいけません。
ひびがはいり処置を受けた際にも同様です。
目安として半月は、安静にしておくことが大切です。
関節を動かせるようになっても、かかとに負荷がかからない状態で軽く動かしたり、体重をのかける際にもゆっくりと徐々にかけていきいきなり体重をかけることは避けましょう。
いきなり動かしたり、体重をかけたりするとくっつきかけていた骨が、離れたり、ずれたりするからです。
あまり動かないと筋肉が硬直するので、マッサージもほどよくすると効果的です。
個人差はありますが、術後1ヶ月半程度である程度は、元の生活ができるレベルになります。

スポンサーリンク